綴る

40代 キャンプにはまるまでの回顧録+キャンプ用品のお買い物など・・って言いつつ、旅回顧録も追記中・・

PICA表富士キャンプ場 2日目(富士登山)

キャンプ2日目の朝。


f:id:lattelattelatte:20190918113959j:image

 なんともごちゃっとした写真となりましたが(笑)。

お鍋の中は豆乳リゾットです(´艸`*)

 

この日は朝から気持ちの良いお天気。

私たちは朝食を食べて、一休みしてから富士山の5合目まで車で向かう予定。

友達夫妻はのんびりキャンプ場散策の予定。


f:id:lattelattelatte:20190918114020j:image

ハンモック買ってよかったーーーーー。

木陰にがっちり守られたサイトだった為、タープなしでも眩しくないし

木漏れ日がキラキラキラキラしてホント素敵な時間を過ごせましたー!

 

ちょっと一休みのつもりが普通にひと眠りしてました(笑)。

 

そして、キャンプの写真はここまでです!!!

なぜなら、この後行った富士山で精も根も尽きたからです(笑)。

 

そんなわけで

生まれて初めての富士登山!!!!・・・登山、ではないけど。←と、この時は思ってた

 

もともとキャンプ場が2合目あたりにあったので、5合目までは20~30分程で到着。

そろそろ5合目着くかなーっていうあたりから、

反対車線(下り)の路駐がすごくて

「あれ?もしかして、5合目駐車場停められない・・・?」

という不安が・・・・。

 

とりあえず、行けるところまで行ってみよう、となって5合目駐車場に到着。

 

すると、ラッキーなことにちょうど1台車が出た後で

駐車場に車を停めることができました!!!!

 

f:id:lattelattelatte:20190918114036j:image

おぉぉぉぉぉ!富士山!!!

ちょっと雲に隠れちゃってるけど、富士山だーーーー!

 

結構満足している私に、相方が

「ちょっと上がれるところまで上がって見ない?」

と。

 

普段、キャンプはクロックスの我ら。←お座敷スタイルが多い為

しかし、キャンプにはまる前は軽い山歩きになることが多かった為

(私が山好き、川好きなので必然と・・・)

 トランクに二人分の登山靴が・・・入っているのです(ノД`)・゜・。


f:id:lattelattelatte:20190918114051j:image

 というわけで、履きました。履かされました、登山靴。

想定外の出来事だった為、バッグが登山向きではありません(笑)。

 

「ちょっと車で5合目まで行ってみない?」って言ってたじゃん。

「車で」・・・って(´;ω;`)ウゥゥ


f:id:lattelattelatte:20190918114107j:image

そびえ立つ富士山。

運動不足の身には、登山靴の重さで既にくじけそうですが

5合目休憩所は目と鼻の先。

階段を10段程上がっただけで5合目到達の気分(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190918114142j:image

5合目休憩所からの景色。 

雲が沸き上がってきます。すごい景色。

満足満足!!!!

 

と、引き返そうとする私に

「あっちに登山口あるから行ってみない?」←相方富士山登頂済みの人

と。

 

え?

 

ん??

 

聞き間違いかなーって思ったけど、既に登山口に向かって歩き始める相方。

ちょ、ちょ、ちょ、待ってよ!聞いてない( ノД`)シクシク…

 

とりあえず、はぐれたくないので後をつける私。


f:id:lattelattelatte:20190918114228j:image

あ、うん。なんか、富士山が近づいてきてるー。ような気がするー。

 

5合目の立て看板の前で写真を撮ったんだけど、

眩しいのと、人が並んで待っている状況に耐え切れず慌ててシャッターを・・

結果何よりも耐え切れないほどのブスだったので削除しました(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190918114244j:image

ねぇねぇ、富士山近づいてきてるよー?

足元こんなだよーーー?

f:id:lattelattelatte:20190918114357j:image

「あそこの曲がり角まで行ってみない?」

と相方は言うけど・・・


f:id:lattelattelatte:20190918114413j:image

曲がり角どこですか??? 

そりゃ、上を見たら登ってみたくなるよ、私だって(;´・ω・)

でも、一日2000歩も歩いていない怠惰な足がここを登れるとは思えない( ノД`)シクシク…


f:id:lattelattelatte:20190918114437j:image

 誘われるまま、強がって「いいよ」という自分が憎い。

そして、絶妙に行けそうな距離を目指させる相方が憎い。

 

景色がどんどん絶景になるのも憎い。


f:id:lattelattelatte:20190918114501j:image

 

「もう少し行くと6合目あるよ」の、相方の指差しが憎い。

角度的にめっちゃ上やんか。

そこは既に神の領域じゃんか!

 

f:id:lattelattelatte:20190918114520j:image

下山してくるおじ様に「頑張ってね」と声を掛けられるほどの疲労困憊ぶり(笑)。

道の傾斜は少し緩やかになってはいるけれど、

足元の砂利が滑りやすくてあぶない。

そして、登山路の隣にある明らかに車の轍の道が気になる。

f:id:lattelattelatte:20190918114548j:image

やったーーーー!

やっと6合目見えてきたーーーー!

めっちゃ雲かかってるけどーーーーー! 


f:id:lattelattelatte:20190918114621j:image

6合目山小屋手前の岩がすごい。

どの角度から見ても迫力があった。ねぇ、もう、私満足(´;ω;`)ウゥゥ


f:id:lattelattelatte:20190918114640j:image

6合目山小屋「雲海荘」は到着時雲に飲み込まれてました。 

宿泊できます、とあるだけに、

ロープにはたくさんの布団が干されていました(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190918114657j:image

雲が驚く速さで流れていくので、あっという間に下界が見えたり隠れたり。 

5合目の景色より、断然6合目の景色の方がすんばらしい。

確かに、思ったよりは早く6合目に到達したような気もする・・。

ここから先は1時間以上かけて7合目、8合目、と続くようで6合目から山頂までは240分と書かれていました。

 

無理無理無理無理。

 

というか、既に登山シーズンは終了している為、

富士宮の6合目から山頂ルートは閉鎖となっていますが・・


f:id:lattelattelatte:20190918114708j:image

 登ってる猛者がたくさん。

私たちはここで終わり!!やったーーー!


f:id:lattelattelatte:20190918114725j:image

見下ろす雲はまた、いいものですねー。

眼下に広がる街もなんとも言えない達成感を煽ります。

※5合目から6合目までしか登っていません!

 

久々に履いた登山靴のくるぶしあたりが擦れたため

相方にスマホを渡して直していたら・・・


f:id:lattelattelatte:20190918114740j:image

撮られてました(笑)。

必死な私を(笑)。

 

どんな思いでこんな写真撮るんだよ(笑)。

 

山小屋の中には、天井一面日の丸が掲げられていました。

登山者の登頂記念なのかな?名前や日付やメッセージが書き込まれていました。


f:id:lattelattelatte:20190918114756j:image

海外の方が書いたものもたくさん。

さすが、富士山。


f:id:lattelattelatte:20190918114811j:image

この旗の下でご飯を食べている海外の方もたくさんいました。

ココだけ見ると浅草感がすごい(笑)。

 

飲み物も持たず上がってきたので「なんか飲もうかなー」っと

軽い気持ちで自販機の前に立ってびっくり。


f:id:lattelattelatte:20190918114823j:image

QOOが250円もする!!!

2段目の500mlペットボトルは一律300円! 

たっか!!!!!!

 

ここまで配達する手間がかかってるから仕方ないよって相方は言ってたけど、

いや、でも、絶対、さっきの轍、業者のじゃない?

車だよね?車できてるんじゃないの?!

 

と、納得いかないけど、買わないから文句は言えません。

・・・ってか、買えないから文句を言いたいところだけど。

 

とりあえず、帰ってなんか飲みたい!

というわけで、下山。


f:id:lattelattelatte:20190918114835j:image

帰りは下りだし、楽ちーん♪

と思っていたのが間違いでした。 

 

この子、滑るんです。


f:id:lattelattelatte:20190918114847j:image

スッカスカで軽くて、石同士が当たると「シャラン」って音がする。

あ、すみません。

石を持っているのは、ウインナーじゃなくて私の手です。


f:id:lattelattelatte:20190918114858j:image

とはいえ、帰りの方が気持ちに余裕があって

上やら下やら右やら左の写真を撮りまくり、なかなか降りれません(笑)。 


f:id:lattelattelatte:20190918114913j:image

 ついさっき見た景色も、次の瞬間には雲がかかってたり、切れてたり、

本当にいろんな表情を見せてくれます。


f:id:lattelattelatte:20190918114941j:image

 ほらほら、これ、絶対業者の轍だよね・・。←しつこい

こんな絶景の中運搬できるなら、割り引いてもいいくらいじゃないかと・・・。


f:id:lattelattelatte:20190918114958j:image

大分下がってきました。

急な上り坂だったところは、帰りは急な下り坂になるわけで

思いっきりすっころんでお尻を強打しました。

しかも、岩のとがったところに強打した為、穴が増えるかと・・・(´;ω;`)ウゥゥ


f:id:lattelattelatte:20190918115011j:image

 

 この手前の草原(?)もまた、本当に美しい。

 

f:id:lattelattelatte:20190918115026j:image

画像悪すぎて何のことか見えませんが、

普段目にすることのない植物がたくさん生息していました。


f:id:lattelattelatte:20190918115037j:image

これは「オンタデ」かな?

 

よそ見ばかりしていた為、この後、足を捻りました。←踏んだり蹴ったり

 

そして、5合目近くまで戻ってきた際、登山靴を履かずに途中まで登ってきたカップルの男性が

「これ以上先は登山靴履かないと厳しいね。

 多分、登山靴履かないと滑って転んだり、足捻るよ

と彼女に助言。

 

うちの相方顔背けて笑ってました。

 

登山靴履いてて、滑って転んで、足捻った私って・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

そんなわけで、5合目到着!!


f:id:lattelattelatte:20190918115050j:image

戻ってきた感すごい。

5合目から6合目までの登山でしたが、山に慣れた人なら楽しい(物足りない?)と思います。

山に慣れていなくても、体力に自信のある方なら景色を楽しむ余裕をもって登れそう。

 

くれぐれも登山靴を忘れずに。

そして、登山靴を履いたからと言って、滑って転ばないわけでも

足を捻らないわけでもないことをお忘れなく!!!!

 

PICA表富士キャンプ場 1日目

2019.9.14~16 PICA表富士キャンプ場

www.pica-resort.jp

 

・・に行ってきました!

 

今回は私的には初のグルキャン!(というか、同級生夫婦と2組・・)

そしてそして、待ちに待ったヴィガスの初張り!!!

 

仕事柄富士山の見える沼津まではよく行くけれど、

何度見ても富士山はテンションが上がります。

その近くでのキャンプなんて、もうワクワクで当日までキャンプの夢ばかりみていました(笑)。

 

公式サイトにもありますが、高速(富士宮インター)をおりて

キャンプ場から20分程のところにある《マックスバリュー万野原新田店》で食材と忘れてきたタオル類を購入・・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

テント泊のチェックインは13:00~なので、チャチャチャっと買ってキャンプ場へ!


f:id:lattelattelatte:20190918113605j:image

到着したのは13:20頃。

受付ロビー(ゲストハウス)にはハンモックがいくつかぶら下がっていて

子供たちが楽しそうに遊んでいました。

これ見ただけでテンションだだ上がりです。

 

受付で場内の説明等を聞き、早速サイト選びに!

 

※私が予約したのはアドバンスエリアのグループ枠

 キャンプ場内3か所にアドバンスエリアが点在し、そのエリア内であれば

 どこを選んでもOK!!


f:id:lattelattelatte:20190918113623j:image

場内にあった案内看板には「アドバンスエリア」が2か所しかありませんが、

手渡された資料には「現在地」と書かれた左上の辺りもアドバンスエリアになっていて

ここからは木々の間から街の夜景がちらりと見えます。

 

現在地から二手にわかれて、富士山の方に向かう途中にあるトイレの評判が悪く、

既に行かれた方のブログや口コミではゲストハウスの中のトイレの使用を勧めるものが多かった為、

我らもそこ(ゲストハウス近くのアドバンスエリア)を目指しました。

 

・・が、前日から既に連泊されている方も何組かいらっしゃって

新参者は場所選びに一苦労・・・・。

 

傾斜が多く、二組分のスペースを確保するのが難しい!

うち以外の宿泊者も何組かの合同キャンプ目的の方が多かったようで

なるべく斜径の少ない場所をみんな右往左往して探していました。

 

やっと(妥協しまくりで!)見つけた場所で、いよいよヴィガス初張りです(´艸`*)

 

ソロ用でも使いたいと買ったヴィガス。

袋から取り出し、広げて、ポールを伸ばしている最中に心が折れました(笑)。

ポーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール、長っ!!!!

 

でもって、かっ(ノД`)・゜・。!!!!(固い)

 

折れちゃうよー(´;ω;`)ウゥゥ

折れちゃうよー(´;ω;`)ウゥゥ

お、折れちゃうよー(´;ω;`)ウゥゥ

 

って恐怖心で、ほぼほぼ相方にやってもらいました。←ダメすぎる


f:id:lattelattelatte:20190918113638j:image

 完成です!!!!

もう、ここからはアリさんも驚く回数行ったり来たり荷物を運び入れ・・・・


f:id:lattelattelatte:20190918113659j:image

 でーきた!!!!

地味に初キャノピー(´艸`*)

キャノピー用のポールはキャンプ前日に隣町の宅配センターまで引き取りに行く慎重っぷり。

不在票など入れさせぬ!(なぜなら、家に着くと再配達の受付時間が終わってるから)

 

f:id:lattelattelatte:20190918113718j:image

寝室内はヴィガス用に新しく買ったエアマットでパンパン(笑)。 

 

前室部分、私の計算では、もう少し棚を並べられるはずだったんだけど、

サイドの壁(?)が結構急な角度で押し迫っていて、

4段のラックを使うと最上階が壁にあたってしまうので、棚を結構手前に出さなきゃいけなくて・・

そうすると座るスペースが狭くなってしまう・・。


f:id:lattelattelatte:20190918113731j:image

 うーん、課題は「明るすぎるビニールシート」かな(ノД`)・゜・。

既に改善用のビニールシートの候補は決まっているので、後はどのタイミングで買うか・・・。

(グランドシートはまだ買う予定なし)

 

今回虫が少なかったので、前室はメッシュも上げてオープンスタイル。

 

で、ヴィガスに入りきらなかった調理関係の棚やクーラーボックスはこちら。


f:id:lattelattelatte:20190918113800j:image

 スクエアスクリーンタープの中に・・・・。

ちょっと生活感出過ぎてるけど・・・。ま、いいか・・・・。

 

そんなこんなで、友達夫妻も渋滞に巻き込まれながらようやく到着(笑)。

彼ら愛用のアメニティードームMを向かい合わせる形で設営し、

スクリーンタープは供用することにしました。


f:id:lattelattelatte:20190918113819j:image

 とりあえず、こんな感じの配置に落ち着いて、

お互いテント内の微調整を行ったり、燻製を始めたり

それぞれ思い思いに過ごしました(笑)。

 

今回のグルキャンの合言葉は「ぐだる」なので

お互いあまり気にせず好きなことをやって過ごそーって感じでした。

 

ご飯も基本朝ごはんはそれぞれ起きたら各自(各組)作って食べる。

夜ご飯はお裾分け的な感じで気を張らない方式。。

 

とは言え、気が合う同士、お互いのボケに突っ込みまくったり

いじり倒したり、腹筋割れるほど面白い事件が頻発したり、大変でした(笑)。

 

日が暮れてきてようやく夜ご飯の準備に取り掛かることに。

今回私たちがチャレンジしたのは「スペアリブ」

私が持っている鍋では小さすぎたので(買った肉の量に対して)

急遽、受付に行ってダッチオーブンを借りました♪ 助かるー!

f:id:lattelattelatte:20190918113839j:image

マーマレードを使うか、コーラを使うか討論した結果、

今回はコーラで作ってみました!!

 

普段コーラを飲みなれていない私からしたら、コーラの味がしました(笑)。

でも、お肉ホロホロでめっちゃ美味しかった!!!!

一緒に卵も煮込んだんだけど、映し忘れた(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190918113746j:image

 食事のあとは皆で焚火タイムー。

他のサイトもみんな焚火を初めて、あちこちでパチパチいい音が~~~(*‘∀‘) 


f:id:lattelattelatte:20190918113856j:image

焚火ってなんでこんなに永遠にぼーっとしてられるんだろう・・・

(火の管理は相方にお任せコース)

22時になったらお静かに、との事でしたので我らの焚火は22時まで。

 

それぞれ自分の巣(テント)に帰り、残ったお酒を飲んだりしながら寝床に・・・。

 

いやー、思った以上にめーーーっちゃ体が流されました(傾斜(笑))。

 

二人して、一点に向かって無意識に体が寄っていく(笑)。

ブラックホールみたいな拠点が存在してました(笑)。

 

何はともあれ、あっという間に一日目終了です(´艸`*)

 

青春18きっぷ《天竜峡散策》

・・というわけで、2番線で電車を降り、

改札のある1番線へは例のごとく線路を渡るスタイル(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190907211505j:image

 線路がまーーーーっすぐ伸びているこういう景色、大好きです。

それにしても、とてつもなく青空!

旅行日和ですよね。


f:id:lattelattelatte:20190907211519j:image

記念に天竜峡駅をパシャリ。

電車旅したぞーーーー!って感じで一人ひそかに興奮してました(笑)。

 

着いたら真っ先に行こう!と決めていたお店がこちら。

《時路屋》さん


f:id:lattelattelatte:20190907211537j:image

駅の裏(?)にあるお食事処で、こちらの口コミサイトにあった写真の中華そばがとっても気になっており・・・


f:id:lattelattelatte:20190907211551j:image

同じものを注文しました!

好きなんです。中華そば。昔ながらな感じがなんとも。

あっさりしていて食べても罪悪感がないところもいい(笑)。

駅に着いたのがちょうどお昼時だったので店内は混みあっていました。

が、私が食べ終わる頃には席も空いていたので、よっぽどお腹が空いていなければ

13時頃に来ることをお勧めします( *´艸`)


f:id:lattelattelatte:20190907211606j:image

さてさて、お腹も満たされたところで散策です。 

赤い線が散策経路なのですが、先にも書いた通り、現在地図右側のつつじ橋が工事中の為

観光案内所の方の案内に従って、上半分を行って戻ってくるコースで散策しました。

 

散策開始の橋から見下ろす渓谷。


f:id:lattelattelatte:20190907211627j:image

見晴らしが良すぎてなかなかここから先に進めないという難所(笑)。

一歩進むごとに景色が違く見えて行っては戻り、戻っては行き・・・。

どの角度から見ても美しい。

f:id:lattelattelatte:20190907211652j:image

これが今私が渡ってきた橋です。

橋を渡り切ったところで、遊歩道に進む左側の矢印があるのですが、

矢印はない物の、右側に川沿いを歩けそうな下り階段があったので

とりあえずそちらに行ってみることにしました。


f:id:lattelattelatte:20190907211640j:image

うわ!これまた絶景。

川岸までは降りれませんでしたが、この道をまっすぐ進むと

先程渡ってきた橋をくぐり、川下りの乗り場まで続いているようです。

(た、多分)

 

余談ですが、向こう岸の下りスロープの先でこの後、持ってきた椅子を広げてくつろぐことになるとはこの時はまだ予想しておらず(笑)。

早々に寄り道をして、下ってきた階段を上ってちょっと色々後悔しました。

なぜなら・・・


f:id:lattelattelatte:20190907211705j:image

ここから先、これでもかってくらい階段が続きます( ノД`)シクシク…

無駄に階段を下りて上り階段上る回数増やすべきじゃなかった(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190907211721j:image

あら、こんなところに栗のイガイガ。

なんて、余裕をかましていましたが、登りきったところにみえたものは


f:id:lattelattelatte:20190907211736j:image

ぐは。

ジムで足腰鍛えておいてよかった。

一人旅で歩けなくなったら目も当てられない( ノД`)シクシク…

この後も、登っても登っても右折しても階段でした(笑)。

つらーい!

 

どのぐらいツライかというと、


f:id:lattelattelatte:20190907211747j:image

「階段はもう少しでおわり。がんばって!!」

って看板が励ましてくれるくらいツライです(笑)。←体がなまってる私には・・

この看板を目にした後、ちょっと上ったところが少し明るくて、

上った方を振り返ってみると・・・・


f:id:lattelattelatte:20190907211802j:image

いい景色!!!

しかし、前を向くとまだまだ階段。

 

しかし、この階段を上り終えると、

少し道を下り窯元のあるちょっとした町(平な道)が現れ、平たい道が歩けます(笑)。

ほっとしたのもつかの間・・・・


f:id:lattelattelatte:20190907211815j:image

ふんぬーーーーーーっ!!って感じです(笑)。

でも地図で見るとあとひと踏ん張りな感じ・・・・・

 

この階段を登り切ったところでやっと視界がひらけて再び平らな道が!!!

息が上がっていた私の目の前に「当園産のつめた~いりんごジュースすぐ飲めます」

「休憩所あります お気軽にどうぞ」の看板の文字が・・。


f:id:lattelattelatte:20190907211832j:image

畳み掛けるように「休憩所より龍角峰入口へ降りられます」の文字まで・・。

 

でも、「降りる」ってことは「登る」ってことだって私は知ってる。

っていうか、この時の私に頭より高いところに行く勇気はない(笑)。

 

おとなしく、休憩所の下にある平たい道を進みました。

※帰りに寄ろうと決めていたのに、戻ってくる方の階段には「本日休業」って書かれてました(´;ω;`)ウゥゥ


f:id:lattelattelatte:20190907211923j:image

さてさて。展望台到着。

 展望台に続く入り口に立っただけで、絶対いい景色なのが分かる。


f:id:lattelattelatte:20190907211842j:image

木陰が気持ちいい!

そして、久々の下り階段(´;ω;`)ウゥゥ

(=帰りは上り階段)


f:id:lattelattelatte:20190907211856j:image

現在工事中のつつじ橋がはるか下の方に見えます。 

キレイな橋だなー・・・・・

こっちは下流側。

 

上流側を見ようと振り返ると・・


f:id:lattelattelatte:20190907211909j:image

 なんだ、「良縁」スタンプって・・(笑)。

何かのスタンプラリーをやっているのか、帰りには「健康」とかかれたスタンプ台がありました。

※行き、必死過ぎて気付けなかった(笑)。

 

f:id:lattelattelatte:20190907211940j:image

私が渡ってきた橋があんなに遠くに。

そしてその向こうの山々が連なる景色が最高にいい!

風も気持ちよくて、しばらくここに座って景色を眺めていました。

・・・が、トイレに行きたくなり

ついでにさっきの休憩所でりんごジュース飲も~って、お店に行ったら「本日休業」・・。

 

そうなるとますますトイレに行きたくなり、帰りは景色を楽しむこともなく、

来た道を必死に下って(もったいない(´;ω;`)ウゥゥ)

途中にある天竜峡公園のトイレに駆け込む羽目に・・・・。

 

公園のトイレ、ということでちょっと気が引けたけど

中はすごくきれいで涼しかったです(笑)。

 

そして、駅のところまで戻ってきて、

これからどうしようかなー・・・と考えてみたけど

何しろ、今は座りたい!!!!!!!


f:id:lattelattelatte:20190907211950j:image

ここも座れる椅子があったけど、ちょっと日差し強すぎん・・?

ってなって、今度は座れるところを探す旅に出ました。

 

実は写真は撮っていませんが(撮る元気がなかった)、かなり遠くまで

川の近くまで降りれるところがないか探しに行ってたのですが、

諦めて戻ってきたときに、最初に見た下りスロープの道を思い出し汗まみれで戻ってきました・・


f:id:lattelattelatte:20190907212004j:image

日差しは強いが、木陰は涼しい最高の天気でした!

すこーしばかり休むつもりが、ぼけーっと1時間過ごしてしまいました(笑)。

 景色が最高過ぎて・・・

 

右を見れば・・


f:id:lattelattelatte:20190907212014j:image

この景色。

川底に大きな石があるのか、白波が立っているところから聞こえる川の音が

最高に癒し!!!!!

 

そして左を見れば・・・・


f:id:lattelattelatte:20190907212025j:image

はるか向こうに連なる山々が見えるし、

川下りの船まで見れる最高のタイミング(´艸`*)

 

本当は日帰り温泉で天然温泉につかってから帰りたかったのですが、

ココが気に入りすぎて帰りの電車発車間際までここにいました。

 

でも、心の赴くまま過ごせる時間って贅沢ですよね。

 

この場所が気に入りすぎたのでまた今度は時間を気にしなくてもいい車で来ます(笑)。

 

お付き合いありがとうございました♪

 

青春18きっぷ《飯田線 天竜峡へ》

こんにちは(*´∇`*)

 

先日、アマゾンで衝動買いしたこちらのローチェア。

f:id:lattelattelatte:20190907210018j:image

コンパクトになるし、収納バッグもかわいい(*≧з≦)♪

↓詳しくはこちら↓

これを使ってみたかったのと、青春18きっぷの1枠を有効に使いたくて

前から気になっていた飯田線秘境駅巡りの旅を決行!

 

実は天竜峡へは車で行ったことがあり、

《りんご足湯》も《つつじ橋》も《川下り》も経験済み。

※《つつじ橋》は2019.9.7現在補修工事中。9月下旬に終わる予定・・との事。

 

tenryukyou.com

 

川下りの最中に、はるか上の方の木々を抜けて走る飯田線の電車を見て、ずっと乗ってみたかったんです。

 

最初に断っておきますが、飯田線秘境駅巡りと書きましたが、

同じく秘境駅巡りを記事にされている方とは違い、有益な情報はひとつもありません!!

雰囲気が好き~、くらいのユルイ人間の記事です(笑)。

というより、川が好きな人間の書く記事なので、ご容赦ください(ノД`)・゜・。

 

いざ!!


f:id:lattelattelatte:20190907210030j:image

 

豊橋発の2両編成(笑)。

この時点で無駄にテンション上がってます。

 

f:id:lattelattelatte:20190908112450j:image

この地図を見てわかる通り、車窓から天竜川を眺めながら進むには進行方向向かって左側の窓際が必須。

私は運良く窓際の席をとれました!

 

この電車に乗り込む人は思ったより多く、途中までは立ちの人もいるほど…。

1両目にトイレもあるし、安心してお菓子や飲み物を楽しめました(笑)。

 

下調べの中で見たかった《東栄駅》に到着。

f:id:lattelattelatte:20190907210044j:image

鬼面をモチーフにしているそうですが、かわいい(笑)。

私、最初フクロウかと思いました…。←川の好きな人間の記事

 

土日の豊橋駅8:11発の電車は要所要所で待ち合わせを行うため

ホームに停車する時間が5分以上あることが何度かあり、

その度に皆さん外に出てトイレを済ませたり、写真を撮ったりしていました。


f:id:lattelattelatte:20190907210103j:image

 お!!

いよいよ、川が出てきました!!!

 

私は今回一人旅だったので、心の中で「おおぉっ!」と思っていたのですが、

前の席に座った若い男性2人組のうち一人は

私が「おぉ!」って思うタイミングで「おぉ!」って言ってくれるので

思わず後ろから声をかけたくなりました(笑)。←やめなさい

 

f:id:lattelattelatte:20190907210119j:image

どんどん水の色が青くなってきます。

この頃には私も、前の男の子も窓際にスマホを立てていつでも撮影できるようスタンバイOK!!(笑)

なんていうか、一人旅の寂しさを感じずに済みました(笑)。

 

途中の中部天竜駅で20分ほどの停車時間があり、

私もトイレ休憩に席を立ちました。


f:id:lattelattelatte:20190910083409j:image

ホームからトイレのある駅舎まではホームの階段を下りて小さい踏切(駅構内の)を渡っていきます。


f:id:lattelattelatte:20190907210130j:image

 こんな近くで止まっている電車の正面を(この角度から)見るのは初めてかもしれない(笑)。

写真を撮っている人も多く、皆さん、自分が写りこまないよう気を使って移動しているのが印象的でした。

 

しばらくして電車は動き出し、川を越えた先にあったのは・・


f:id:lattelattelatte:20190907210142j:image

《佐久間発電所》・・だと思われ(笑)←川の好きな人間の記事

 

ただ、この存在感に思わず写真を撮りたくなるほど迫力がありました。

詳しくは他のブログを参照ください(笑)。

 

ここからはトンネルも増え、川!トンネル・・・川!!・・トンネル・・

トンネルを抜けた先の景色が絶景なのに、スマホが突然の光にショックを受けて

画面真っ白な状態になっている写真が何枚もあります(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190907210155j:image

川が美しい!!!!

進行方向左側に位置する人々は皆、車窓をのぞき込む角度で笑顔です。

なんだろう。この、何とも言えない一体感(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190907210206j:image

 ここらへんで降りて一人バーベキューでもしたくなるような景色です。

こんなきれいな川が流れているところに住んでいる人が本当に羨ましい・・・。

 

天竜川って、下流の方が水が青い気がします。

(上流はエメラルドグリーン)


f:id:lattelattelatte:20190907210228j:image

 川の見えない区間でも、橋があったり、鉄橋があったり、

歩いたら見えるであろう景色を妄想して楽しむことができます( *´艸`)

 

そして、知る人ぞ知る「小和田駅」。


f:id:lattelattelatte:20190907210241j:image

 小和田雅子様がご成婚された際、一時ニュースなんかに出ていた駅です。

その当時私はまだ関東に住んでいた為、まさか自分がこの駅を通過する日が来るなんて想像もしていませんでした。


f:id:lattelattelatte:20190907210253j:image

日差しが強すぎて見難いですが柱には「恋成就駅 小和田」と書かれています。 

車窓からでもご利益あるんでしょうかね(笑)。

 

秘境駅、との事でしたが

結構な人がおりていきました(笑)。

皆さん、カメラ片手になので、住民ではなさそうですが(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190907210310j:image

どんどん川の色がエメラルドグリーンになってきました!

既に3時間以上電車に乗っていることになりますが、

全く苦になっていません(笑)。そんな自分に驚きます。

 

景色を楽しんでいると、突如隣にこんなものが・・


f:id:lattelattelatte:20190907210323j:image

これは・・なんでしょうかね。

この先で車両留めみたいなものがあったので昔は電車が走っていたのでしょうか。

え?今も走っているってことはないですよね?

色々朽ちていたので・・(笑)←川好きの・・(略)


f:id:lattelattelatte:20190907210334j:image

おおおっ!!!!

天竜川の色だ!

山の上の方の石灰を含んでいる為、天竜川の川の色は白っぽくなることがあるって

以前川下りをした時に聞いたような気がします。

上流に近づいている感がたまりません!

 

そしてそして、本当はホームに降りて見たかった《田本駅


f:id:lattelattelatte:20190907210347j:image

この右側がホームになっています。

迫るコンクリートの擁壁!!!!人一人が通れるくらいのホーム幅なんでしょうかね。

(降りてないのでわかりませんが)

 

通常、駅のホームで注意されることといえば

「駆け込み乗車はおやめください」

が一般的だと思うのですが、飯田線

「駅での停車時間が短い為、ホームに降りての写真撮影はご遠慮ください」

でした(笑)。

わかってらっしゃる(笑)。


f:id:lattelattelatte:20190907210359j:image

いよいよ流れも穏やかになり、川幅も大きくなってきました。

ここに至るまで50枚以上の写真を撮ったと思います。

この日でスマホの容量なくなるんじゃないかとおびえるほど。

 

そして、終点の《天竜峡》・・・の前にある《千代駅

 

千代駅から天竜峡まで電車だと3分程度なので

実は、降りてここから歩こうかと思っていたのです。

 

しかし、なんとなく嫌な予感がして「千代駅から天竜峡駅 歩く」で検索をしたところ

歩くと1時間~1時間半かかるとの記事が!!!(ありがとう!!!)

危なかったー!!!!

 

役に立つ記事を書いてくださったブロガーさんに心から感謝です。

 

そして、微塵も役に立てない川好きの人間は、天竜峡駅までひたすら川の写真や動画を撮って・・・


f:id:lattelattelatte:20190907210407j:image

 

終点《天竜峡駅》到着です。

 

f:id:lattelattelatte:20190907210415j:image

到着は予定時刻を3分程遅れての到着となりましたが、

4時間半の電車旅、思った以上に苦にならず(というか、ただただ楽しかった)

また青春18きっぷ余らせたら絶対来ると思います(笑)。

 

散策編に続きます♪

 

 

 

リフレッシュ中!


f:id:lattelattelatte:20190907143029j:image

 

青春18きっぷの最後の1枠を埋めるべく、今日は朝から電車に飛び乗って天竜峡に来ています!

 

コンパクトチェアが届いたばかりなので早く使いたかったってのもあります(笑)。

パンパンになったリュックの半分はこのこの子ですが、それでもコンパクトで優秀(✿´ ꒳ ` )♡

 

お風呂に入って帰ろうと思ったけど、時間までここで過ごすことになりそう…。もしくは、帰り時間を1時間遅らせるか…。

 

ただいま葛藤中です…。

 

また帰ったらたくさんの写真と共にアップします

*゚▽゚)ノ シュッ≡≡≡≡≡[写真]

 

それにしても、最高(笑)。

 

ヴィガス用に・・・

おはようございます(*'▽')

キャンプ場が恋しい今日この頃です。

 

9月の3連休にキャンプに行く!と決めたものの場所がまだ決まりません。

もう予約取れないんじゃ・・ということもあり、

もしかすると前日に有給使って、予約不要なキャンプ場を陣取るか悩みどころ。

 

今回はヴィガスで行こうと決めているので(初張り)

レイアウトとかファブリックなどをイメージして妄想キャンプ中です。

 

妥協しなければ、150X220サイズで8,000円を超える厚手(タオルケット地)のネイティブ柄がいい。

けど、とりあえず、今年はテント2個買ってるし、

冬用の道具も揃えなきゃならないし・・で、ファブリックは安価なもので・・

 

ということで、安価といえばココ!!!【チャイハネ

www.cayhane.jp

私の近所のお店は小さな店舗なので、欲しかったマルチカバーが見つからず・・

かといって、ここのお店のファブリックは一度実物を手にしてみたい・・

 

そんなわけで、大きめの実店舗まで足を伸ばし買ってきました!!!


f:id:lattelattelatte:20190826090943j:image

今更感満載のドリームキャッチャーですが、

ヴィガスのリビングスペースの方のキャノピーに取り付けたいなと。

真っ白なドリームキャッチャー、欲しかったんです(笑)。

 

そして、ヴィガス用にカマボコテント用のエアマットより一回り小さいエアマットを買ったので

それ用のベッドカバーとしてこの子をセレクト。

(実はもう一枚モノトーン(白多め)のカバーも買っています・・)

 

秋だし!!

ちょっと濃いめの色合い(柄)のファブリックが気分♪♪

 

今年冬キャンプをするために必要なものは下記の通り

①ストーブ

②寝袋

③湯たんぽ

 

ストーブは妥協せずフジカハイペットを目指すとして(現在登山で言う1合目)

ストーブ買う(というか、届く)までは寝袋と湯たんぽを買い足して、冬は平地キャンプだなー、と思っています。

噂だとフジカ、今注文しても届くの4月とか・・。

来年(2020年冬)は雪中キャンプできるようお金貯めとこ(笑)。